コラム

泥臭い仕事とは思わないこと

はじめに

コンサルティングに限らず、普段やっている仕事を泥臭い仕事と言う人がいます。仕事には数多くの種類がありますので、全てを否定するわけではありませんが、少なくともコンサルティングは泥臭い仕事ではありません。ここでは、コンサルタントは泥臭くない仕事であることをお話します。

コンサルタントは泥臭くない

コンサルタントは現場に入り込み、現場で働く方と共に考え、答えを導きだしていきます。このような働き方は、泥臭いものでしょうか?誰かのために働くことを、直接感じることができるコンサルタントという職業は、決して泥臭くありません。もし、コンサルティングを泥臭いと感じる方がいれば、本当に土砂を扱っているお仕事に従事されている方に謝ってほしいと思います。

泥臭いと感じるのはプライドの問題

もし、自分の仕事を泥臭いなどと言うのは仕事に誇りを持っていない証拠です。仕事に誇りを持っていればそんな表現はしません。コンサルティングは、お客様と最前線で接触します。このお客様も通常の接客ではなく、経営層のような上役が相手です。このようなステージで仕事ができるのは選ばれた者のみだと思います。確かに地味な作業・忍耐がいる作業は多いですが、全ては顧客や社会を好転させるため、晴れ舞台へ通じているわけです。「大変だ」と愚痴をはくのは構いませんが、自分の仕事を根本否定することだけは絶対にやめるべきでしょう。自分ばかりかクライアントも泣かせる結果になります。「泥臭い」という表現には是非気をつけてください。

まとめ

コンサルティング活動には、地味な作業はありますが、泥臭いという表現をしてはなりません。お客様のため、社会のため、事業継続のためにコンサルティングはあります。

コンサルタントは泥臭くない。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!