知識

戦略と戦術の違い

はじめに

戦略はwhatで戦術がhowです。経営戦略を立てる時、戦略と戦術がごちゃごちゃになってしまうことがあります。ここでは、戦略と戦術の違いについて紹介します。

戦略はwhatで戦術はhow

戦略は目的を果たすために何を行うかということです。戦術は戦略をどう実行するかということです。例えば、サッカーで自分のチームが相手チームより身長が高かった状況を考えます。この時、空中でのボールの奪い合いでは勝機があると仮定します。このような状況での戦略は、空中でボールをなるべく運ぶことといったようなものになります。この戦略に対し、戦術を考えると、ゴールを奪うためにはなるべくサイドからのセンタリングでヘディングを実施するということ、パスはなるべくロングフィードにしてカウンターを狙うことなどがあげられます。

戦略は統制をとるもの

戦略は全体の統制をとるためのものです。戦術を履行するのは現場で様々な課題と向き合っている方々です。戦術は個々の方針で決まるわけですが、戦略がないといざ何か意思決定をする時に直面した場合に迷うわけです。その道筋を決めるのが戦略というわけです。

まとめ

戦略はwhatで戦術はhowです。戦略は全体の統制をとるためのものであり、戦術は現場担当者が戦略を進めるためにとる手段です。

戦略はwhat。戦術はhow。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!