中小企業診断士の年収は平均780万円

はじめに

中小企業診断士は儲かるのか気になるところです。ここでは約1,200名の中小企業診断士の年収データを基に、中小企業診断士の年収についてお話していきます。

中小企業診断士の平均年収は780万円

こちらのサイトを基に、中小企業診断士の平均年収を推定しました。約780万円になります。

この標本では、500万円以下と500万円以上のデータ集計間隔が異なりますし、3,001万円以上が不明であり、かつ平均年収を引き上げる効果もありますので、あまり実態を表してないと思います。そこで、もう1つのグラフをご覧ください。

データを年収500万円を基準にざっくりと分けたグラフです。左側が中小企業診断士のデータ、右側が国内労働者全体のデータです。両者を比較して頂ければと思いますが、やはり中小企業診断士は儲かる確率があがる資格と考えるのが妥当でしょう。しかしながら、中小企業診断士の資格を取得しても、年収500万円の壁を打ち破れない場合も約半数あるという事実も知っておくべきでしょう。

データを深読みする

1,000万円プレーヤー

中小企業診断士の中には、公認会計士、税理士等の資格を活用している方もいらっしゃいます。このような方は、独立開業で成功されたり、会計監査系のコンサルファームにお勤めになっていたり、1,000万円を獲得できる理由があります。中小企業診断士は数ある武器の一つだという感覚でしょう。あるいは、歯医者限定のコンサルタント、建設業の節税コンサルタント等、特化している箇所がまさにブルーオーシャンにいるという場合もあります。いずれにしても、ビジネスセンスあふれる方であることに間違いありません。

500~1,000万円プレーヤー

中小企業診断士の資格取得者の中で、金融機関にお勤めの方はお給料がいいです。また、上場企業の管理職クラスは、年収700~800万円といったところだと思います。世間からすれば十分なハイクラスに入る方が、500~1000万円プレーヤーです。どちらかといえば、安定的で優秀なポジションを獲得されている方が、ポスト堅持のために取得されていると考えるべきでしょう。

500万円以下プレーヤー

このクラスに分類されるのは、おそらく30代以下の若手の方、あるいは独立開業して間もない方、定年後趣味的になさっている方が多いと思います。中小企業診断士のうち独立するのは3割です。7割はどこかにお勤めのはずです。中小企業診断士の評価がなく、給料が思ったよりも伸びない方も含まれていると思います。

データにない方

このデータの出所は中小機構です。中小機構と関係のない中小企業診断士のほうがおそらく一般的で、実は平均年収はもっと下がるのではないかと予想しています。筆者の勝手な感覚を持ち込めば、平均年収が600万円くらいでも不思議ではないです。中小企業診断士のビジネスは、顧客を獲得できればどんと儲かりますが、そうでない場合は0円です。つまり、当たりはずれが大きく、人脈がないと成立すらしません。日本の企業の実情を考えると、企業内診断士として、本業務と兼任しながら中小企業で活躍する姿が一番安定した働き方だと思います。しかし、経営者は理屈をこねる中小企業診断士は嫌っているのが常ですので、正直生き延びるのには中小企業診断士以外のところに自分の武器がないと難しいと思います。

まとめ

中小企業診断士の年収は平均約780万円です。但しこれは、一部のビジネスのうまい方が引っ張り上げている結果であり、中小企業診断士の資格の効果が機能しない場合も多くあります。転職や昇進、独立開業に如何に活かすか、年収をあげるためには戦略を持って臨むべきでしょう。

あなたの武器を中小企業診断士で強化すれば年収UPにつながる。