資格

認定経営コンサルタント

はじめに

経営コンサルタントに箔をつける資格はいくつもありますが、ネーミングがダイレクトな資格は「認定経営コンサルタント」のみです。ここでは、公益財団法人日本生産性本部が行っている経営コンサルタントについて紹介します。

コンサルティングを実践する資格

マイナーではありますが、日本で唯一経営コンサルタントというネーミングが入った資格です。取得のためには、日本生産性本部が開催している講座に参加して、試験に合格しなければなりません。落とすための試験ではないものの、中小企業診断士よりも難易度は高く、実践的な内容になっています。日本生産性本部には大手企業出身のコンサルタントが多く在籍しており、短期間で経営コンサルタントに成長させるため、合格ラインをシビアに設定しています。自分が経営コンサルタントと名乗りたい方にはお勧めの資格です。

まとめ

認定経営コンサルタントの利点は名称を独占できるほかに、密なネットワークを構築することができることです。同じ学び舎で学ぶ、幅広い世代との交流は、その後のビジネスにも大きく貢献します。日本生産性本部・経営コンサルタント養成事業

認定経営コンサルタントは資格と人脈が手に入る。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!