教育・学習

何歳からでも諦めないこと

はじめに

2004年1月に権威ある科学誌Natureに”Changes in grey matter induced by training“(Draganski氏ら)という短稿が掲載されました。大人になってもトレーニングで脳は成長します。ここでは、何歳でも諦めないということについてお話します。

年齢を理由にしない

人間は誰もが老化します。これは事実です。脳も老化します。しかし、成長のメカニズムが失われるわけではありません。それを証明したのが先ほどの論文です。ものすごく雑に説明しますと、成人の被験者に新たにジャグリングに挑戦してもらったら、脳の灰白質に変化が多く見られたという内容です。この論文の中にこのような一節があります。


“Our results contradict the traditionally held view that the anatomical structure of the adult human brain does not alter, except for changes in morphology caused by ageing or pathological control.”


つまり「我々の実験結果は、老化や病気による変化を除けば、大人の脳が変化しないというこれまでの解剖学の見解と矛盾する。」と言うことです。なので、少なくとも何かを考えるという側面では、年齢が高くなっても脳は適用しようと変化するのです。

新たな挑戦をし続けること

脳を活性化するためには新たな刺激を与え続けることです。環境に慣れてしまい、考える力がなくなってくると脳は老化に負けてきます。なので、何歳からでも諦めないことが重要です。

まとめ

少なくとも頭を使う作業においては、何歳からでも諦めなければチャンスが巡ってきます。若い頃より少しトンネルが長くなるだけです。学生時代はもう過去の話です。新たな挑戦が必ず自分を変えていきます。

常識にこだわらず人生を全うする
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!