社会保険労務士の維持費は年間約5〜10万円(資格取得後の費用)

はじめに

社会保険労務士の資格維持費は年間約5〜10万円です。また、初年度はこれに加え、約20〜30万円かかります。値段の違いは、勤務形態と登録する社会保険労務士の支部会の違いに寄るものです。ここでは、社会保険労務士の維持費についてお話します。

名乗るには社会保険労務士会に登録が必要

法律の紆余曲折があり、現在、全ての社会保険労務士は社会保険労務士会に登録する必要があります。そして、社会保険労務士会の会員は年会費を払う必要があります。そして、どういうわけか開業する場合と、法人に勤務する場合で値段がちがいます。

開業する場合

毎年かかる費用

開業社労士は勤務社労士よりも、社会保険労務士会の年会費がかかります。支部にもよりますが、年間約10万円くらいかかります。

入会初年度にかかる費用

入会初年度は、資格登録費(6万)+講習費(7万)+社労士会入会金(5〜15万)=約20〜30万円かかります。特に大阪社労士会の入会金は15万円くらいしますのでご注意下さい。

勤務する場合

毎年かかる費用

勤務労務士は、開業労務士よりかは少なめです。支部にもよりますが、約5万円かかります。

入会初年度にかかる費用

入会初年度は、資格登録費(6万)+講習費(7万)+社労士会入会金(5万)=約20万円かかります。開業労務士と違い、支部による差は比較的少ないようです。

まとめ

社会保険労務士の資格維持は、年間約5〜10万円かかります。これは、社会保険労務士会に登録しなければいけないという法律上の理由からくるものです。ちなみに、中小企業診断士は、協会への登録義務はありませんので、講習費用の年間約6000円で維持することができます。

社会保険労務士に資格維持は年間約5〜10万円かかる。