転職

人材紹介会社の選び方

はじめに

コンサルタントへの転職を考えたとき、意外にも人材紹介会社のブランドは重要です。ここでは人材紹介会社の選び方についてお話します。

背景と人材紹介会社を選ぶポイント

書類選考と面接という限られた情報の中で、コンサルティング会社は数百万の投資をすることになります。
よって、人材紹介会社の実績はコンサルティング会社にとっても重要な情報になります。コンサルタントの転職として、お奨めできる人材紹介会社は、以下の2つのパターンです。

大手

大手の人材紹介会社は、経歴書を一目見て「優れている」という印象がある場合にお勧めです。大手の人材紹介会社を通じてコンサルティング会社に応募する人は多く、フォーマットも画一的に統一されています。そのため、書面上で競争力がある人にとっては他者比較で有利な立場になります。

コンサル転職専門の老舗

書類上の経歴ではどうしてもインパクトが出せない場合や、人物面で勝負したい場合はコンサル転職を専門にしている人材紹介会社を足がかりにすべきでしょう。実名を公開せず、担当者とコンタクトをとり、脈ありなしを判断して頂けます。

注意したい会社

零細企業、畑違いの企業からの転職は難しいです。中には悪質な企業もあります。筆者は、志望動機を勝手に改ざんして秘密裏に応募された経験があります。ひどい会社でした。en-japanやリクナビネクストに登録すると大量に人材紹介会社からのスカウトメールが来ます。直接会うと口車に乗せられ、意図とは関係なく応募させられる危険性もあります。訪問の前にできる限りのリサーチをするといいでしょう。

まとめ

転職は慎重にといいますが、慎重になりすぎて、機を逃さないように、ぜひ検討してみてください。必ず道は開けてきます。

大切な人を選ぶつもりで紹介会社を選ぶこと。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!