転職

年齢が高くても採用される方法

はじめに

筆者は年齢が40〜50代の方が転職に成功された事例を知っています。なので、年齢が高いからといって、必ずしも転職ができないというわけではないと考えています。ここでは、年齢が高くても転職に成功する方法についてお話します。

めげない

一般的に年齢が高い方は転職が難しいです。35歳以上の方は、他社でも誇れる実績、役割、スキル、ポジションがなければ転職はしない方がいいです。すでに何らかのご事情で、失業されている場合は、好みよりもご経験に近いところでの就職をまずは目指してください。このように書いてはいますが、筆者は夢を追いかけるのに年齢は関係ないと思っています。ただ、採用現場は、夢に付き合ってくれる場所ではないことに対する理解も必要です。年齢の高さは、確かにハンディキャップではありますが、それは逃れられない現実として受け止めて、前進してください。

転職に成功する人

年齢が高くても転職に成功する方は、人当たりがよく、確実な能力をお持ちです。そして、会社からすれば、お金を出してでもノウハウを買いたいと思える方です。なので、どこでも通用する技術力をお持ちの方や、他社でも活かせる人脈の持ち主、なんでも売りさばける卓越した営業力などは評価されます。一方、プロジェクトマネジメント能力、指導経験、若手と同様の働きをする職業経験等はさほど評価されません。

強烈なご縁

年齢が高い方は若い方と違い、ご自身の能力とは無縁の運の要素が極めて大きいです。年齢が高い方は、いろんな企業から来て欲しいと言われることはあまりありません。そのかわり、来て欲しいと言ってくれる会社からは強烈なアプローチがあります。いわばご縁です。ぜひ、ご縁を大切にしてください。

まとめ

年齢の高い方の転職は、若い時以上に理不尽さを感じると思います。しかし、それは人間性を否定されていることではありません。めげずにご縁があるまで、いろいろな企業にアプローチすべきでしょう。資格取得は、経歴と関連している分野なら効果がありますが、新分野の場合は避けた方が無難です。夢は再就職を果たしてからでも間に合うはずですので、採用されるためにはまずはとことん現実に向き合うことをお勧めします。

あるがままの能力でご縁を待つ。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!