転職

ポテンシャル採用は30歳未満まで

はじめに

コンサルタントになるのに年齢制限はありませんが、コンサル会社に入社するのには年齢制限があります。ここでは、コンサル会社の採用についてお話していきます。

ポテンシャル採用の不文律

会社によって微妙な差はありますが、ポテンシャル採用は30歳未満まで、キャリアを考慮する採用は35歳前後までがだいたいのしきい値になります。大手コンサル会社での経験をキャリアの計画に考慮している人は、年齢を考えて応募してください。

抜けない年齢体質

日本企業において一つの問題は年齢体質です。新しいことへの挑戦は何歳になっても必要ですが、実際問題、このような年齢体質によって、キャリアを思い通り描けないケースもあります。能力不足で転職できないのは仕方のないことですが、年齢によってその道を阻害されるのは、悪しき習慣だとコンサル白書では考えています。単純に考えて、大学卒業と大学院卒業だけでも2年の違いがありますし、財政的な問題から若いうちに転職できない境遇の方もいるわけです。また、年齢を重ねて辿り着いた結論がコンサルタントという方もいるわけです。年齢で判断する会社に未来はないとコンサル白書は断言します。

まとめ

経験不足と捉えられるか、年齢が高いと捉えられるか、コンサル会社はかなり勝手なところがあります。コンサル会社の意向に振り回されないように、是非検討の材料にしてください。

ポテンシャルは30歳まで。スキル考慮は35歳まで。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!