資格

TOEIC

はじめに

TOEICは英語の技能試験です。もちろん、コンサルタントの資格ではありません。ただ、今やコンサルタントにとって、英語は常識になってきています。ここではコンサルタントにおけるTOEICのあり方についてお話します。

730点が常識的に必要になる

特に20~30代のコンサルタントにとって、英語は得意、不得意に関わらずできなければならないスキルになっています。そして、求められるビジネスレベルからすれば、TOEICの730点は低い点数です。今後はもっとあがることや、スピーキング・ライティングのレベルも要求されるものになるでしょう。

グローバルで活躍できる人材の必要性

労働者は安定志向と冒険志向にわかれます。そして、安定志向の人間にはコンサルティング業界はチャンスを与えません。はっきり言えば、海外にいくことをコンサルティング業界では前提に考えたほうがいいです。大変かもしれませんが、この壁を突破できる人材は未来を掴むことができます。また、中国にはトリリンガルの人材が山ほどいます。せめて英語ができることが、現代を生きるコンサルタントには必要です。

まとめ

英語は本来楽しいものです。意思疎通ができない人間と意思疎通ができるようになるからです。しかし、残念なことに日本の教育では、英語が単なる受験教科というだけで意味がありません。受験のイメージは一切捨てて、英語に触れていくことが重要です。TOEICはそのバロメータの試験です。ぜひ積極的に受験してください。

TOEICは730点は最低クリアする。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!