中小企業診断士試験の学習を9月から始める方へ

中小企業診断士の学習を9月から始めるのは、なかなか余裕のある選択です。決して無理をすることなく、学習を進めることができます。一方で、あまり寄り道する余裕はありませんので、理論体系の整った教材を選ぶことをお勧めします。
ポイント
  • 9月スタートは安全圏
  • カリキュラムを年末年始までに1周させたい
  • 2度の長期休暇を利用できる

中小企業診断士の学習を9月から始めるという選択

中小企業診断士の学習の開始時期は「しよう!」と思ったときがベストです。そして、9月から開始すれば、翌年の8月には合格できる実力は十分につきます。

ご注意

合格者の視点から、来月から始めようというのはあまりお勧めしません。きっとこのサイトをご覧のあなたはとっても優秀で、お忙しいタイプの方だと思います。なので、なるべく早くはじめて少しでも多くの「記憶貯金」を作っておくことをおすすめします。

中小企業診断士の学習を9月から始めるときのポイント

中小企業診断士の学習を9月から始めるときのポイントは以下の通りです。

ポイント
  • 合理的な教材で学習を進める
  • 年末年始までに1周する
  • 弱点克服は冬場から

中小企業診断士試験の学習は、9月からでも十分間に合います。8月までのスタートと少し異なるのは、寄り道があまりできないという点です。

中小企業診断士の学習を進めていると、どうしても興味がある部分は、もう少し調べてみたいという気分に駆られることがあります。

そこだけ、ちょっとだけ後回しにできれば、9月開始の中小企業診断士試験合格は十分に狙うことができます。

年末年始までは、とにかく7教科をわからないなりにも学習を進めてみて、気になっているところは、長期休暇を利用してじっくり調べるという戦略で挑むのが合理的です。

「繰り返し学習」の貯金をつくる

繰り返し学習の効果は、エビングハウスの忘却曲線理論で示されている通り、記憶を定着させるうえでとっても効果があります。

そして、中小企業診断士試験が実施される8月までには、突発的な予定などで、勉強がおろそかになってしまう時期もあると思っていた方が心に余裕が生まれます。

中小企業診断士試験を短期間で合格するときのポイントは、試験直前に記憶を呼び起こすことです。

イメージとしましては、試験1か月前までに、脳の中にレトルト食品のようにいろいろな記憶をため込んでおいて、残り1か月で各記憶を温め直すといった感じです。

「記憶のレトルト食品」は、繰り返し学習によってできあがります。

なので、9月から中小企業診断士試験の学習を進める場合は、以下のようなポイントを意識して頂けるといいかと思います。

ポイント
  • リスタートの場合は、今までの学習方法を1度忘れる
  • 年末年始までに7教科をざっとやる
  • 年末年始・GWは苦手分野の学習を進める

まとめ

中小企業診断士試験の学習を9月から始めれば、翌年の8月には合格できる実力が身につきます。9月頃から中小企業診断士試験の学習する方がどんどんと増えてきます。