知識

渋沢栄一(近代日本を創造した実業家)

はじめに

経営には神様と呼ばれる人は何人もいます。しかし残念なことに学校で習うことはありません。経営が近代になってできた分野であることも影響していると思いますが、実生活に関連する偉人を知らないのは非常に残念です。その最たる例である偉人、渋沢栄一氏について紹介します。

近代日本を作り上げた実業家

  • みずほ銀行
  • 王子製紙
  • 東急電鉄
  • 帝国ホテル
  • キリンビール
  • サッポロビール

これらの全ての事業の設立に関わっている人物が渋沢栄一氏です。もちろんこれらも一部であり、実際には500社以上というとんでもない数の事業に関わりを持っています。本当にとんでもない方です。

私利を追わず公益を図る

詳しい生い立ちは、Wikipediaを参考にしてください。Wikipediaの中にも書いてありますが、ノーベル平和賞やお札の候補になっています。そしてその生き様は私利を追わず公益を図るというものです。事業の大きさも去ることながら、生涯この生き様を貫き通す潔さ、偉大さは計り知れません。

まとめ

コンサル白書の著名人のコーナーで一番最初の人物として紹介したかったのは、この生き様をコンサルタントは継承しないといけないと感じたからです。義務感です。伊藤博文や岩倉具視は知っていても、渋沢栄一を知らない人は多いです。東京都北区に渋沢資料館もありますので、興味のある方はぜひ偉大な先人の働きを感じるために足を運んでみてください。

渋沢栄一氏は、現代社会の創造主。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!