コラム

コンサルタントとは?

コンサルタントという職業を耳にする時代になりました。でも、コンサルタントってどんな職業かズバッとわかりやすく答えられる人はそう多くありません。ここではコンサルタントという職業にスポットライトを当てて、どんな職業か説明していきます。
ポイント
  • 狭義では「企業のお医者さん」
  • 広義では「専門知識で行動を支援する人」
  • 時代の流れで拡大解釈されるようになった

コンサルタントは企業のお医者さん


コンサルタントは企業のお医者さんです。従業員のモチベーションが低い、新規事業を着手すべきかわからない、資金繰りに困っているなど、企業には何らかの問題が潜在的に存在しています。それを発掘したり相談を受けたりして、最終的には企業の方向性を導いていくお仕事です。お医者さんに眼科、耳鼻科、内科、外科等の役割分担があるように、コンサルタントにも専門領域によって、経営コンサルタント、ITコンサルタント、人事労務コンサルタントなどの分類があります。

コンサルタントの元々の意味

コンサルタントを英語で書くと”consultant”です。英英辞典には”someone whose job is to give advice on a particular subject”と書かれており、「特定領域の専門性を持ち、相手に助言をする人」というのが本来の意味でした。しかし、このコンサルタントの意味は実態とは離れています。現実では助言だけでなく課題抽出から実行支援まで、成功につながる活動を幅広く担っているイメージです。なので、辞書通りの意味では少し「古臭い」というのが現役のコンサルタントが持つ感覚です。助言だけでは「アドバイザー」と何の違いもありません。アドバイザーや批評家とコンサルタントはまったく違う職業です。

○○コンサルタント

世の中には○○コンサルタントという名前のつく職業が数多くあります。しかし、ネーミングの切れ味だけで○○コンサルタントという名称を使用しているものも多いです。そのときは、企業のお医者さんであるか、単なるアドバイザーや批評家ではないか、判断材料にするといいでしょう。コンサルタントは「一緒に頑張りましょう!」というスタンスが必ず含まれます。もしそれがない場合は、単なる「まやかし」だと思ってまず間違いはありません。

まとめ

コンサルタントは企業のお医者さんとして、助言のみならず様々な活動をしています。企業を成功に導く使命を担って、何をどのように進めていくのか、クライアントと共に未来を築いていく職業です。

コンサルタントは企業のお医者さん
アドバイザー・批評家と違い、成功に導く使命がある
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!