知識

よく使う6つのコンサル用語

はじめに

どの業界もそうだと思いますが、ビジネスでは特有の用語を利用する場合があります。コンサルティング業界も例外ではなく業界用語が存在します。ここでは、そのうちよく使う6つの用語を紹介します。

用語

AsIs ToBe (アズイズ トゥービー)

AsIsが現状、ToBeがあるべき姿。

ASAP(エイエスエイピー・アサップ)

できるだけ早く。As soon as possible から。

ステコミ

プロジェクトのトップレベルの偉い人たちが集まる会議。
steering committeeから。

FYI

ご参考まで。For your informationから。

WBS(ダブルビーエス)

タスクと役割とスケジュールをまとめたガントチャート。
Work Breakdown Structureから。

ファシリテーション

司会進行。

まとめ

業務では「WBSを書いといて。」とかメールに「ASAPで。」などと使われます。初めてのことだとアタフタします。ほかにもコンサル用語はありますが、文脈や経験から想像できるものが多いですのであまり心配はいりません。コンサル業界に入るときにはこの6つは最低限知っておいた方がベターでしょう。

FYI。
ABOUT ME
アバター
コンサル白書
現役の経営コンサルタント(中小企業診断士)として2010年に独立しました。診断士試験は、独学でE判定から1週間で合格しました。
中小企業診断士に早期合格しよう!